SUMUKAに泊まってクジラに会いに行こう!

クジラは沖縄の暖かい海へ1月から4月頃まで交尾・出産・子育てを目的にやってきます。 沖縄近海で見られるクジラはほとんどザトウクジラという種類。ザトウクジラの体長は16~19mあ り、体重も35~45トン。大きな体を使う動きは迫力満点!胸びれで波を叩いたり、テールスラッ プ (尾びれで波をたたく動き) やブリーチ (体を反転させる動き) 等、間近で見ると感動です! ザトウクジラ以外の種類のクジラ (マッコウクジラやゴンドウクジラ等) もみられますが年に一回 見られれば幸運です。マッコウクジラやゴンドウクジラを見れた貴方は幸せになれるかも!?

いわゆる「潮吹き」。頭上に水しぶきを上げクジラが呼吸しています。潮を吹く15~40秒間に3、4回呼吸して、潜行し、再浮上は15~20分後。クジラを発見する目安に。 海面から体を持ち上げ、水面に止まったまま、体を回転させ水面下にゆっくりと沈む行為。 尾びれを高く持ち上げ、まっすぐ振り下ろして水面を勢いよく叩きつけます。大きな音と水しぶきを上げる、かなり攻撃的な行動。でも、ホエールウォッチングの醍醐味です。


くじらを見に行く前に必ず準備して頂きたいのが酔い止め薬!
マリンポイントまでは、船で行かれるので(酔う・酔わない)関係なくご参加いただく皆様は、酔い止め薬の服用をオススメしております。

ホエールウォッチング参加時間は約3時間程度、船酔いが始まると参加終了後も気分が悪い ままではその後の旅行に響きますので酔い止め薬はご準備を…

ホエールウォッチングで欠かせないのがカメラ・ビデオなどの精密機械です。
海の状況にもよりますが波しぶきが上がる場合もございますので防水対策も考慮してください。
なるべくカメラにはストラップを付ける事をオススメします。

沖縄だから・・・って考えると防寒着なんて必要ないと思いますがクジラが出没するのは大体海 のど真ん中。沖縄の冬海風は結構寒い場合もございます。ご準備ください。

沖縄の中心部である那覇から出港し、ケラマ諸島を観察ポイントとしている。 基本30~40名が乗船できるクルーザーを所有している店が多く、希望の日程で予定を組みやすいのが魅力。 また、送迎サービスも行っている業者が多いので、運転が苦手な方でも安心。駐車場などもあるので、空港からレンタカーで直接向かえたりと、便利な面が多いです。

ショッピング街のアメリカンビレッジやリゾートホテルも多い中部エリアからの出港。
高速道路が近いこともあり、ウォッチング後の予定もスムーズに動ける。
北部エリアでは、あまり知られていない伊江島周辺が観察ポイント。美ら海水族館や自然を満喫できる施設が充実しているため観光も充分に楽しめる。

沖縄で最もホエールウォッチングが盛んな地。毎年多くのクジラのやってくる座間味島沖合いで観察ができる。
開業以来20年以上クジラと係わってきた船長たちが多く、長年の目と感を頼りに案内してくれる。
また、海を一望できる展望台にスタッフを配置し、クジラの姿を見つけると素早く誘導してくれるので遭遇率もかなり高い。

レンタカープラン レンタカープラン:24H 軽自動車~1300cc \3,650
詳しくはコチラ→Sumukaマンションご利用の方特別レンタカープラン




Sumuka新都心
詳しくはSumuka新都心サイトへ
Sumuka国際通り
詳しくはSumuka国際通りサイトへ
Sumuka新都心Ⅱ
詳しくはSumuka新都心Ⅱサイトへ
Sumuka安里駅前
詳しくはSumuka安里駅前サイトへ


MENU
CONCEPT

わたしたちは地域密着型感動を与えるフロントランナーとして、 素晴らしい資源のこの美ら島を「いちゃりばちょーでー」の心をもっておもてなします。